トップ / 乳酸菌サプリの注意点とはなにか

乳酸菌で免疫力アップ

乳酸菌サプリの注意点とはなにか

乳酸菌を取り入れる時の注意点

では、実際に毎日の生活に乳酸菌摂取を取り入れたとき、具体的にはどのような影響が出るのでしょうか肌あれがおさまる、といった期待通りの効果以外にも、今まで積極的に摂取していなかった物質を身体に取り込み始めるわけですから、何かしら身体に反応があるはずです。必要があった場合には、販売元にも確認してみながら、乳酸菌を飲み続けることの影響と、期待外の結果が出てしまう副作用について調べてみました。

■乳酸菌を摂りすぎた場合はどうなる?
乳酸菌の量が多すぎた、ということはあるのでしょうか。結論から言えば、活発な乳酸菌が多量に腸内に到達したとしても、過剰分の乳酸菌はすぐ便として体外に排出されるそうです。まず安心してよいでしょう。
ただし、私のように体が弱く、特に胃腸が弱い人は、乳酸菌の多量摂取によって腸の活動が活発になりすぎると、下痢や腹痛が起きる場合があるので注意が必要です。サプリの適量を守っていたからといって、その量が自分の身体に適量とは100%いえるわけではないので、やはり量を調節するなど自分の身体に合わせた調節が必要です。

■乳酸菌サプリを飲んでいるとお腹がゆるくなった
便秘に悩んでいた人の場合、乳酸菌が素早く効果を発揮して、お通じがよくなると「お腹を壊した」と勘違いしてしまうことがあるようです。一時的にお腹の調子がよくなりすぎて「お腹がゆるい」「便がゆるい」といった症状を感じるかもしれませんがまず心配ありません。
ただしあまり長く続くようなら量が多すぎるのかもしれません。量を少なくしても改善しないようならサプリに含まれる乳酸菌自体が体に合わない可能性があるため医師や薬局に相談の上別サプリに切り替えることも検討しましょう。

特に副作用といえるほどの悪影響は、乳酸菌サプリには発生しないようです。しかしながら、個人差があるので、よく自分の身体の体調を見極めて飲み続けることが必要です。

Copyright © 乳酸菌で免疫力アップしよう All rights reserved